グローバルテクノロジーデザイン会社

未来をつくる羅針盤
グローバル・テクノロジー・デザイン

イン・ソーシング支援(業務請負)

「育てるイン・ソーシング」の時代

御社内に制作現場と人材育成の体制をつくりませんか?

人材と制作のノウハウを持つ、GTDだからできるご提案です。

お客様からのこんなご相談、増えています!!

  • 求人広告を出しても、なかなか人が集まらない…
  • 集まっても期待しているスキルに達していない…
  • 現場で教育をしようとしても教える時間がない…
  • 外部のクリエイターを使うと制作進行管理が大変…

GTDでは、このようなデジタルコンテンツの内製化でお悩み・お困りのお客様を対象に制作現場と人材育成の体制を同時に構築する「イン・ソーシング(内製化)支援」をご提供しております。

  • (1)求人倍率の上昇により、求める人材・スキルの確保は益々困難に!
  • (2)少子化による、若い担い手が減少している!
  • (3)教育の現場と制作の現場の乖離がさらに広がっている!

大きなビジネスを展開しようとしても、生産力が確保できず、計画通りに進まないと言う結果に陥る可能性が高い。

グラフ

統計元:厚生労働省 平成17年-平成26年 一般職業紹介状況より
縦軸単位:倍 グラフ数値は有効求人倍率の実数     最終更新日:平成26年04月07日

イン・ソーシング支援のモデルケース

事例1

Flashアニメーションチームを社内につくりたい!

お客様からFlashアニメーション制作業務を依頼を受けて、案件規模にあった初期制作チームをGTDで編成いたします。

御社内に制作チームを設置し、今後発生する案件を統括してリソースをコントロールします。

制作チームはベテランと新人のFlashアニメーターで編成し、案件業務を通じてベテランが新人を育成します。

月々の案件対応数に対する対応コストを決めて、月額固定の金額で契約。新人の月産能力向上に伴い、対応コストを随時 見直しさせていただきます。

事例2

WEBシステム・アプリ開発チームをつくりたい

お客様からの開発チーム編成の依頼を受けて、ベテランと新人から構成される開発ユニットを複数編成。

ご相談いただいた案件の規模に応じて開発ユニットがお客様のオフィスに常駐して作業を実施。

開発ユニットごとに、案件業務を通じてベテランが新人をバディースタイルで育成します。

新人が指導できる水準に達したところで、新人を指導役とした新しい開発ユニットを編成し、開発ラインに配置します。

新人のコストはプロジェクト経験月数に応じた料金設定で契約となります。 (ベテランのコストは、スキル・能力・経験に応じた料金となります)

イン・ソーシング戦略による制作体制強化

中・長期を見越して、短期体制の内からOJTスタッフを育て戦力となる人員にシフトしていき強化していきます。また、これはあらゆる制作カテゴリーでも適用しやすく、制作に関わらず、開発リソース等にも適用できます。

人材育成を支えるGTDの教育プログラム

OJTプログラムによる実務教育の支援

OJTの様子 未経験・経験不足の方を対象とした、OJTプログラムを実施しております。
制作チームで対応している案件をベースに、トレーナーがOJTスタッフを指導し育成するプログラムです。
本プログラムは、OJTスタッフを6ヶ月間で就業レベルまで育て上げ、7ヶ月目にはGTDパートナーとして輩出しております。

Tech.G(テック・ジー)によるスキルアップ支援

Tech.Gの様子今後、必須となるクリエイティブ・テクニックを身に付けるために、GTDパートナー(登録人材)や、GAZAスタッフ(社外制作パートナー)を対象に育成プログラムを実施しております。

Tech.Gの詳細はこちら

詳細をお知りになりたい方へ

イン・ソーシング支援(業務請負)の詳細につきましては、GTD担当者まで気軽にお問い合わせください。

イン・ソーシング支援(業務請負)について問い合わせる
▲ ページトップへ戻る